更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 081234567891011121314151617181920212223242526272829302012 10

【  2012年09月  】 

弁論文 『新氏族メシア使命完遂のために』

随筆

2012.09.30 (Sun)

 文亨進世界会長のしばしば言われる神様の恩寵の中で、弁論の場で、お話するものであります。21年前に、取り組んだ氏族メシアの摂理。もう自分の心の中では、できないのではという思いがありました。しかし、節目の2012年に、もう一度、神様の恩寵のゆえに、再度、チャンスが到来したと私は、思えるようになりました。ひとまず、一人、ノアが箱舟を造ることにチャレンジをしたように、勇気をもって取り組んでみようと思います...全文を読む

詩編 『 O Holy Night 』

2012.09.28 (Fri)

 聖なる聖なるその日アジアに再臨のイエス朝鮮半島の一人の女金慶継の胎中から誕生された世界を平和に!父母なる神様の威信をかけて神は、神のひとり子を送られたアダムの責任ですべてたった一人、サタンと闘った涙と受難と祈りの92年の生涯を歩まれた誰からも非難・罵倒された!最愛の弟子からも裏切られ!最愛の自身の息子からも裏切られ!それでも、救世主は、許された!聖なる聖なるその生涯気の遠くなるような数万年人類歴史...全文を読む

9月の海にお父様を慕う

2012.09.18 (Tue)

 船旅にたとえるなら海辺の地平線の向こうに今、あなたという船は、私の眼の前から消えているお父様!今、どこを旅されていますかお父様が、地上で一人、38度線を越えて北朝鮮に向かわれたようにあなたは、希望にあふれて、一人、開拓伝道の道なのでしょうか船旅にたとえるなら海辺に佇む私も不忠の息子でしたが、回心してあなたの完全な神の国を造るという大義に立つ勇気の道を希望にあふれて一人、開拓伝道の道を進みます船旅に...全文を読む

NHKドラマ・梅ちゃん先生から学ぶ信念

随筆

2012.09.16 (Sun)

 昨日は、歴史に記憶された日。世界190カ国インターネット中継・文鮮明天地人真の父母天宙聖和式を終えた。その日、朝ドラの梅ちゃん先生の番組を見た。梅ちゃん先生のお父様のせりふ。ぼくは、感動した。家族の前で、主人公・梅ちゃんのお父様は、わたしは、死ぬまで医者をやる!と宣言したのだ。ぼくは、思った。そのせりふを聞いて、ぼくも、死ぬまで統一教会員をやるんだと、自分を励ますことができた。ぼくが、お父様を偉い...全文を読む

真の孝心

2012.09.15 (Sat)

 わが愛する者よ祝福家庭の人々よ頑張れ!盲目の父を助けるため 嵐の海に身を投じて父の目を開けさせた娘沈清の孝心を讃えた沈清伝を思い出そう今は何もできないかもしれないだが今も苦労の最前線に立たれる神様と真の御父母様のために一滴の汗、一滴の涙、一滴の心情ゆりの花のような精誠を!ああ!わが愛する者よ祝福家庭の人々よ真心こめてお捧げしようではないか!にほんブログ村...全文を読む

なぜ、文鮮明師を信頼するのか

未分類

2012.09.14 (Fri)

 ある者は、文師は、師の中の師という。再臨のキリストだという。ある者は、文師は、人類の真の父母だという。ある者は、文師を救世主という。詩人の中の詩人だという。これらの文師を絶賛する人々には、共通な認識がある。文師の中に、どんなときも、どこでも,真実の光を見出すことができるというのだ。文鮮明師の生涯に、いつ、いかなる、あらゆる場面に、最後に悟る内容、天情に生きる人生を見出すのである。反対するひとびとが...全文を読む

夕立 ―再臨キリストの聖和のための序曲―

随筆

2012.09.13 (Thu)

 2012年9月3日の朝、午前1時54分、ひとりのお方が、死去された。世界190カ国は、ニュースで、その死を報道した。その日の夕方、雷が、突然鳴り始めた。夕立の音が凄まじく、雨は、真実の雨となり、そのお方の死を泣き始めた。夕立のあとに風が吹いた。村から村へ、都市から都市へ、国境を越えて、世界の山脈を越えて、世界の海を越えて、新しいそよ風が吹いた。われらは、このお方が、誰なのかを知らなかった。世界は、...全文を読む

お父様が地上を去られた後に、神様が人類に与え給うた希望の贈物

随筆

2012.09.13 (Thu)

 『しかし、イスラエル民族はみな不信に流れてしまった。そしてついには、モーセまでが不信の行動をとるかもしれないという立場に陥ってしまったのである。ここにおいて神は、たとえ人間は変わっても変わることのできないある信仰の対象を立てなければならなかったのである。すなわち、いかなるときにおいても、たった一人でもこれを絶対に信奉する人がいるならば、そのような人たちによって、その信仰の対象を、あたかもバトンのよ...全文を読む

統一教会の中に真実を見つけた

2012.09.12 (Wed)

 統一教会の中に真実を見つけたみ言葉の通りに、生きた人を見つけたのだ民族と世界の前に最善を尽くした後に倒れたレバレント・ムーン彼は、歴史に輝き続けることだろうああ!そうだ彼は、神様が遣わされたキリストの光をこの世界に、再び、灯したのだ『結局、ここでは信念が問題なのです。それ以外にないのです。信念がなければ世界的な闘いにおいて失敗してしまうのです。どんなに倒れる恨があっても、この民族と世界のために最善...全文を読む

詩編 信念 -未来湖にて-

2012.09.12 (Wed)

 ・未来湖にて ラスベガスの救いに拠点を置かれたお父様ラスベガスから近いコロラド川・中流の峡谷のフーバーダムで愛のお父様は、祈りと精誠を捧げられたフーバーダム!お父様、あなたは、いつも、祈りを捧げられたところ世界のだれが、反対しても16歳で抱かれたあなたの信念は、変わらなかったお父様93歳の生涯を終了した今私もあなたの信念を引き継いで行こう神様を慰労・釈放して、人類を罪から解放するというみ旨いつも、私...全文を読む

主の勝利

2012.09.07 (Fri)

 主に感謝します私たちの主よあなたは 私のこころ 私の生命です主よ暗闇はあなたの光に勝つことはできませんでした主の勝利は山に 海に すべてに鳴り響きます小鳥も 海の声も主の真実であることを語っています私たちの主よあなたのみ心がすべての人に伝えられますように祖国の夜明けは 開けた!真の父母様あなたの勝利は歴史に 永遠に輝き続けるのです            2012.9.6       讃美歌    ...全文を読む

前月     2012年09月       翌月

Menu

プロフィール

李一松

Author:李一松
李一松(り・いっしょう)
北海道北斗市生まれ。
主な詩集に、「誇れる統一教徒」「故郷に昇る太陽」
「再臨主誕生」「希望の国」、短編集「奉仕 忍耐 犠牲」など。

ブロとも一覧

FC2カウンター

ブログ内検索