更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 081234567891011121314151617181920212223242526272829302013 10

【  2013年09月  】 

 再臨のキリストの遺言

随筆

2013.09.16 (Mon)

 かつて、明治維新を開いた志士。長州の志士たちは、吉田松陰の遺言と呼ばれる留魂録を胸に、師の志を果たすために決起したのだ。文鮮明師もまた、留魂録とも呼ぶことのでききる天聖教をはじめ、多くの遺言を遺された。その一つが、朝鮮半島の38度線の平和的解決だ。再臨のキリストの弟子として、ぼくらは、立ち上がる時を迎えているのだ。...全文を読む

文鮮明師は何者か

随筆

2013.09.14 (Sat)

 文鮮明師が他界。一年が過ぎた。夕暮れには、秋の気配のこのごろ。鈴虫の鳴く季節だ。ぼくは、湖のほとりの駐車場にいた。仕事の帰り、ぼくは、ひとり、車の中で、祈りの時間を持った。43年間、文鮮明師を信じて信仰の道を歩んできた。64歳の白髪の姿のぼく。ラジオのニュース。ボイジャーが、太陽系を脱したという。ぼくは、宇宙に、霊人体(意識)を飛ばす。ぼくの霊性は、霊界の世界に突入したようだ。霊そのものの文鮮明師...全文を読む

前月     2013年09月       翌月

Menu

プロフィール

李一松

Author:李一松
李一松(り・いっしょう)
北海道北斗市生まれ。
主な詩集に、「誇れる統一教徒」「故郷に昇る太陽」
「再臨主誕生」「希望の国」、短編集「奉仕 忍耐 犠牲」など。

ブロとも一覧

FC2カウンター

ブログ内検索