FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←感謝の季節 →道端の花
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 随筆
もくじ  3kaku_s_L.png パンセ(断片)
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説集
もくじ  3kaku_s_L.png 李一松「告白」
         
感謝の季節 ←感謝の季節    →道端の花 道端の花
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

随筆

神の力

 ←感謝の季節 →道端の花


2012年10月27日、ハリケーン「サンディ」が、アメリカ北東部・ニュージャージー州を直撃。800万世帯の停電。ニューヨーク市の地下鉄は、構内に侵入した大量の水のため復旧の目途がたたない状況だ。ニューヨーク・マンハッタンの株市場は、停止した。

ぼくは、このニュースに、我が家にも襲った台風の事件を想起した。1950年10月31日、父の乗船していた船が、台風に遭遇。翌日、日本海の海に、父は、帰らぬ人になった。今から、ちょうど、62年前のことだ。35歳の母は、一人で、4人の子供を抱えて、苦労だけの88年の生涯を駆け抜けた。

ぼくは、19歳の時、統一原理を通じて神様が存在することを知った。神様は、霊界と宇宙と地球・大自然と人間の創造主であることを確信した。親として子供である人間の幸福のために、全存在物、空気、水、光、夜と昼、いっさいを愛ゆえに創造したことを知った。ぼくにとって、ほんとうに、それは、感激であり、驚きであった。

人間の神をも恐れぬ傲慢さ。神は、神の力の一振りで、人間のその傲慢さを打ち砕く。お金の力、地位、名誉、命、権力まで打ち砕く。我が家は、大黒柱である父の命を失ってそのことを体験した。旧約聖書のヨブ記。神は、ヨブに告げた。「あなたは、わたしを侮るのか!」

ぼくは、試練の62年の人生の中で、神を賛美するのだ。ダビデは、絶望の淵の試練の中で、神に頼んだ。そして、ダビデは、神の力を賛美した。
旧約聖書・詩編62編5節~7節
「わが魂はもだしてただ神をまつ。わが望みは神から来るからである。
神こそわが岩、わが救い、わが高きやぐらである。わたしは動かされることはない。わが救いとわが誉とは神にある。神はわが力の岩、わが避け所である。」
ぼくは、侮れない厳父としての神から、苦難の中で拠り頼めば助けてくださる愛の神を知った。

統一教の友よ!行動しよう!
ぼくらは、人類70億の人々の中で、先駆けて知った。神は、サタンの支配する罪の世に無原罪の救い主を朝鮮半島に誕生させてくださった事実を知った。神は、救い主、ただ、御一人の真の父母様を送られたことを知った。神様は、無能ではないお方であることを知った。神の力を伝えるのみ。行動あるのみだ。
再臨のイエス・レバレンド・ムーンを送られた神が、真に、救いの神であることを地の果てまで伝えて行こうではないか。

霊界に旅立たれた再臨主・レバレンド・ムーンは、今後、世界平和の実現に責任を持ち、その日の成就ために働かれるのである。

注:ドイツ語 讃美歌 神はわがやぐら (マルチン・ルターの作品)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 随筆
もくじ  3kaku_s_L.png パンセ(断片)
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説集
もくじ  3kaku_s_L.png 李一松「告白」
         
感謝の季節 ←感謝の季節    →道端の花 道端の花

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【感謝の季節】へ  【道端の花】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。