FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←新島襄のこと →罪というのは神様と真の父母様を傷つけることです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 随筆
もくじ  3kaku_s_L.png パンセ(断片)
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説集
もくじ  3kaku_s_L.png 李一松「告白」
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

随筆

神様からの贈り物

 ←新島襄のこと →罪というのは神様と真の父母様を傷つけることです
birthday-gift-packaging.jpg



『それまでのことをホテル・里やの女将・上原サトに熱弁し、夜になってしまいます。サトは「あんたより不幸な人間は、この辺りにはゴロゴロいるからさ。大丈夫!あんたは連ドラの最終回までしぶとく生き残る顔してるから」と励ましてくれました(笑)さらにサトは平仮名の「あ」から「ん」の中で何が好きと聞いてきます。純が答えに詰まると、サトは「私は「と」だな。「と」という言葉があるから、大事な人と結びつけるんだよ私達。ネロとパトラッシュ、安寿と厨子王…。あんたはどうなの?純となんとかっていう人いるの。その人失ったら本当に終わりだよ。世界中でその人を幸せにできるのはあんただけだし、不幸にするものあんただけなんだから」と話し、NHK紅白を見ると言って話を切り上げます。(NHK朝ドラ 純と愛 第13週 きせきのくりすます 第77回より・ブログ風の日記を抜粋)』

所感:基元節とは、神様の結婚式。再臨主と花嫁の結婚式だ。私の基元節とは?それは、神様を迎え、わたしたち、夫婦がひとつになるゴールの日。さらに、同じく、神様を迎えて、夫婦がひとつになって再出発する日だ。基元節は、人類歴史の悲劇と艱難を克服する日。新しいエデンの園、夫婦・アダムとエバの神の直接主管の時代のはじまりの日だ。

ぼくは、NHK朝ドラ 純と愛(第13週 きせきのくりすます)前篇最後の物語に感動した!おかみのサトが、純と愛、ふたりの夫婦に語った言葉に感動した。ぼくは、上記のこのドラマのセリフから、私たち、夫婦が、ひとつになることができる秘訣を思い知らされたのだ。このせりふ、日本のすべての夫婦に贈られた神様からの贈り物だと思う。



にほんブログ村
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 随筆
もくじ  3kaku_s_L.png パンセ(断片)
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説集
もくじ  3kaku_s_L.png 李一松「告白」

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【新島襄のこと】へ  【罪というのは神様と真の父母様を傷つけることです】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。